よくある質問

高等部の特色

Q18. 高等部の特色を教えてください。

A. 夢を育て、個性を伸ばし大学進学を目指す男女共学の進学校です。
人生の夢や希望に燃えて、突き進んでいく活力を育み、それぞれの個性や能力を充分に発揮させながら、目標とする大学・学部への進学を達成させ、国際社会に羽ばたく有為な人材を育成します。そのため次の手だてをします。

【1】特色ある教育課程の設定

詳しくは Q19. 高等部教育課程 をご覧ください。

【2】大学進学を見通した教育計画の樹立
  1. 進路指導の充実
  2. 教科指導の充実
  3. 経験豊かな教師と新進気鋭の教師による指導体制の確立
【3】整備された学習環境 - 冷暖房完備 -

本校は紫原団地の入口にあり、交通の便もよく、桜島と錦江湾を眼前に望む、静かな明るい環境の中に位置しています。
生徒が勉学・運動に青春時代を打ち込めるよう、立派な体育館と武道場、食堂を兼ねた生徒ホール、さらには、パソコン教室、生徒学習室、視聴覚教室など、学習環境には十分配慮しています。

【4】個に徹する指導体制の確立
  1. 個別指導の徹底
    教科によって、習熟度別学習や目標別学習等、効果的・効率的学習の研究を推進し、生徒一人一人の資質を最大限に伸ばすよう努力しています。高等部3年生が日本化学教育協議会主催の「全国高校化学グランプリ」において、これまでに金賞や銀賞・銅賞を獲得できたのもこうした指導の成果の現れといえます。

  2. 選択制の拡充
    高校1年では全員共通科目の履修ですが、2年では文科系・理科系に分け、さらに理科・社会(地歴・公民)等においては選択科目を設けて、個性の伸長を図るとともに、それぞれの目標に照らして必要な科目を選択できるように、教科担任・学級担任・進路指導部が協力して指導を行います。

  3. 少人数教育
    科目によっては、生徒を適宜少人数のクラスに分けて、それぞれの生徒の学力を十分伸ばせるようきめ細かな指導をします。
    人間は集団の中でもまれることによって鍛えられ、世間が広くなるという考え方もありますが、教育の方法としては、集団の中での教育と個々の生徒の多様な個性に応じた教育とがあります。集団の中での教育は、生徒全体に共通な教育内容で行う指導であり、画一化の傾向を強め、平均的水準で授業はすすめられがちです。教師は学級全体、学校全体の集団の中で、できるだけ個々の生徒を生かすように授業の工夫をしますが、その集団が大きくなりすぎると手が届かないという ことになりがちです。
    本校では学年・学級集団を適正規模にし、集団として効率的な授業を展開するとともに、一人一人の生徒の力を伸ばすことに充分配慮しています。